FC2ブログ

lane blog

“すべてのSoulはブルースにつながれる” (dirtydog) しばらく...ロニー・レイン(Ronnie Lane)に捧げ隊 Since 1920

「天に昇った男」島田 荘司(1994/10, 光文社文庫)

天に昇った男 (光文社文庫)天に昇った男 (光文社文庫)
(1994/10)
島田 荘司

商品詳細を見る


2008年の静かな大事件。「無冠の帝王」島田荘司が、2008年10月22日、第12回日本ミステリー文学大賞を受賞(詳細はwikiで「島田荘司」で検索)。既成のファンには、いまさら称号なんて、と思ってるかもしれないですが、素直にそして密かに喜んでおきます。

この作品、現時点でAmazonの古本では1円でずらーっと並んでますね。もうちょっと高く売られてもいいような気がします…。でも入手しやすくて良いか。著者の手持ちキャラクターである御手洗探偵、吉敷刑事、中村刑事等の出番はなく、ある男の伝記のようなスタイルになっており、裏表紙にも「異色作」と書かれています。叙情的な伝説や美しい地方の情景を取り入れた構成は、横溝正史ミステリを連想させもしましたが、無骨なラブストーリーとの印象が強かったです。日本の死刑制度問題もテーマのひとつとして触れられており、死刑が具体的にどう執行されているのか(あくまで小説目線ではありますが)、興味のある方には参考になるのかも。

ロケ地:九州、星里
★★★
スポンサーサイト



コメント

コメントを他の方に見られたくない場合はチェックを入れてください、

トラックバック