FC2ブログ

lane blog

“すべてのSoulはブルースにつながれる” (dirtydog) しばらく...ロニー・レイン(Ronnie Lane)に捧げ隊 Since 1920

生オネスティで

200611302233012
20061130223301
ぶらり当日券シリーズ。ビリー・ジョエル。


たぶんテレビやビデオじゃ見ないから。生ピアノが聞きたかったから。

そしてピアノボーカルってどーやんのさ。ってことで印象に残ったのは・・・。

ジェリー・リー・ルイスも真っ青なオシリ弾き!足弾き!

ボーカルコーナーではマイクスタンドまわしはポール・ロジャースを越えてしまうほど回されてて相当ウケましたよ。

てか変態ですな。ほんと素晴らしい。あ、もう楽曲の話です。パフォーマンスはあくまでおまけ。若いミュージシャンの方がよっぽどつまらん曲やってるよね。と思っちゃうほどアイデア満載、プレイもね。飽きさせない。この変態野郎!と思わせるほどロックでした。しかもコミュニケーション部分はオ・ト・ナ。ズッリイの。。。

最後にビリーへつぶやく。

ビリー。おいら中学まではマジメだった、マジメだったんで政界にいたんよ。

中学3年生1学期末に引退してさ、最期の余生を過ごそうと天下った先が放送部。

なぜかって給食の時の「お昼の放送」で音楽かけられんのよ。今まではクラシクだけだったので改革しようと思ったんだ!聖域だったからね、最後の改革しとこうって。

そんで最初の番組がそう、あなたビリー・ジョエル特集。

こりゃ先生方にもウケが良かったね。のちにボウイやブルーハーツをかけるための布石でもあったんだが(笑)。

それはさておき、レコードを理解ある先生に借り、ライナーを読むだけのチープな放送だったけど、オレは何もかもがはじめてで緊張しまくった。

けど何とか最後までやり遂げたよ。たぶん。それは子供心にもビリーなら!ビリーとなら!ビリーって誰や~!って感じで燃えてたんだよ、きっと。

あんたの「ピアノマン」を聞くとそんなことを思い出すんだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントを他の方に見られたくない場合はチェックを入れてください、

トラックバック