FC2ブログ

lane blog

“すべてのSoulはブルースにつながれる” (dirtydog) しばらく...ロニー・レイン(Ronnie Lane)に捧げ隊 Since 1920

フィオナの海【字幕版】 [VHS]

フィオナの海【字幕版】 [VHS]フィオナの海【字幕版】 [VHS]
(1997/07/04)
ジェニ・コートニーアイリーン・コルガン

商品詳細を見る

いまからアイルランドに行って、漁師になって、アザラシのコスプレしたりして、自然を満喫したい。
スポンサーサイト



2008後半映画館

今年後半、映画館で観た映画のメモです。DVDやTVは除く。単館上映も含むので今年の新作じゃないのもあります。

■崖の上のポニョ(宮崎駿)
期待してなかったせいもあるかもしれないけど、とても良かったです。得体の知れない物や、気味の悪いものも、ちゃんと描いてきたのが評価されてる一因なのかも。
★★★

■JUNO(ジェイソン・ライトマン)
イギー・ポップなどサントラが良かったです。
★★★

■ラスト、コーション(李安)
ヒロインのタン・ウェイは、チェ・ジウ越えたね、オレの中で。子供に見せてはいけないR-18です。
★★★★★

■スカイクロラ(押井守)
すみません徹夜明けで半分寝てました。なんか音とか映像とかすごく気持ちよかったです。
★★★

■少林少女(本広克行)
江口洋介はいつもかっこ良いです。チャウ・シンチーファミリーは素晴らしい。
★★

■レス・ポールの伝説(ジョン・ポールソン)
ギターの定番、レス・ポールや、現代レコーディングの基礎、多重録音機を創ったイカしたおじいちゃん、93歳、いまだ現役ミュージシャンであることに感じ入ります。週一で演ってるんだって。
★★★★

■WALL・E(ピクサーの人)
起動音がこそばゆい。
★★★

■シャイン・ア・ライト(マーティン・スコセッシ)
先行発売のCDは聞いたし、ライブも行ってるし、あえて観る必要はない、と思ってたのですが、兄に誘われるがまま行く事に。現在進行形のストーンズライブ映画。ラストワルツ(ザ・バンド)でもノーディレクションホーム(ディラン)でもない形。

N.Yビーコンの濃厚なライブの追体験と、小気味良いインタビュー映像。キースとロニー(・ウッド)がステージの立ち位置を左右入れ替わると、LRのサウンドも切り替わってビビった。チャーリー目線も嬉しい。ロニーを丁重に扱ってくれてありがとうございます。

ライブの時間内で、ジャック・ホワイト、バディ・ガイ、アギレラらのゲストとコーラス&ホーンセクションらファミリー全体をきちんと撮ったのは頑張りましたね、監督。キースの2曲目はカットしても良かったかも。結果スコセッシの欲望に付き合わされ結末が待っていたようですが、それも良しとします。すみません偉そうに失礼しました。観れて良かったです。

朝日新聞のレビューで「これだけは注文したい、歌詞(の訳?)を字幕に表示するべきだ」みたいな話がありましたが、全く野暮な奴です。歌詞は重要ですが、ライブに歌詞カードを持ってく人はあまりいません。まずはサウンドや見た目で感じて欲しいものです。すみません偉そうに失礼しました。
★★★★



『タロットカード殺人事件』

今日観てきました。
飯田橋ギンレイホール

主演、スカーレット・ヨハンソンさま!

彼女の出演作品、またまた見ちゃったよ。

カワユス。セクシー女優ナンバーワン!です。

あ、内容も面白かったです。

人形佐七捕物帖 2本立てを観ました

池袋の「新文芸座」(←映画館、公式リンク)で、
・『人形佐七捕物帖 妖艶六死美人(1956/国際放映/16mm)』
・『人形佐七捕物帖 腰元刺青死美人(1958/国際放映/16mm)』
を観てきました。(すみません、もう上映は終わってます。けどタイトルだけで何故かワクワクしませんか!?)

「人形佐七捕物帖」とは、名探偵“金田一シリーズ”でおなじみの横溝正史の裏(?)名作シリーズ!簡単に言うと、チャンバラ/時代劇(江戸時代)設定での痛快な謎解き物。

この原作をたまたま最近読んでで、はまっていたのですが、まさかとっくの昔に映像版があったとは、知りませんでした。

金田一シリーズは、原作と映画版のギャップがあって、好き嫌いが分かれると思うのですが、人形佐七シリーズは、あまりギャップのない感じがしました。むしろ、難解な推理より、「粋(イキ)」や人情、情緒、風情が時代劇という枠の中でテンポ良く展開されるので、映像の方が合ってるのかもしれません。

主演はどちらも若山富三郎。
うん、確かに男前でした。ちょっとでかいが不思議なお顔立ち。ステキでした。
しかし、(前も書いたかな)、是非、
主演:山本耕史、脚本:三谷幸喜でリメ~クして欲しいっ!!


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007日本)




ハーイ!話題作、観てきましたよ。
って実は公開2日後くらいには観てました。
あたいったら、真性エヴァっ子だからねー
全4部作(予定)とのことで、TV 版でいうとこの第壱話~六話くらい?
エヴァを初めて見る人、今まで興味なかった人にもおすすめ。話のスジを完璧に理解したい人には、全部完成してからDVDで一気に観た方がわかりやすいかもなー。

ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー





J-WAVEで試写会チケットが当たって ジョー・ストラマーの映画を見る好機が。

この映画のことを知らずに、たまたまクラッシュのCDを聞いていたので、おれとジョーは結ばれている事にしといてくださる?

一応ジャンルは、こないだのロニー・レインのようなロック伝記ものです。

感想を詳しく書きたい気もあるが、一般公開前という理由を使ってあまり書かないようにしよう。

映像的な部分、ムービーとしての完成度は、ロニーを軽く越える。

それは時代が新しい(1stが1977年)だけに、資料も生き証人も多いから、というのも大きいと思う。

予習なしで行ったことも効をそうして、驚き驚きの連続でした!

ごめんねロニー
ありがとうスパロウ
そしてジョー、最高にかっこ良かった!です!

ロニー・レインは結局4回観たけど、これもあと1回は観たい。理由はいろいろだ。

そろそろ公開のカート・コバーンの映画を見ようとソワソワしてる方々にも特にオススメです。良い理由がたくさんある、とだけ言っておきます。

まずはジョーを観とこうぜぃ!

<追記>
一般公開は9.8より、渋谷アミューズCQN他
■映画オフィシャルページ
http://www.londoncalling.jp/

パーマネント・バケーション(PERMANENT VACATION|ジム・ジャームッシュ監督|1980米)

パーマネント・バケーション パーマネント・バケーション
クリス・パーカー、リーラ・ガスティル 他 (2006/11/22)
キング
この商品の詳細を見る


現在の“少年ロック漫画”最高峰と言えば、ハロルド作石の「BECK』。
このマンガには、どう見てもジム・ジャームッシュがモデルと思われる「ジム・ウォルシュ」というキャラクターが登場する。
この人、とてもカッコイイです。
バンド好きな皆は「BECK」読むと楽しいよ~!!

違った。『BECK』の話じゃなくて、映画の感想書かなきゃ。

えーっと、、、
さらば青春の光』の100倍、面白いです!


註:ロック映画ではないです。ジャズ(チャーリー・パーカーとか)がステキなんだよ。

以下、ネタばれ注意、Myメモ
↓↓↓↓↓






...(続きを読む)

フォーン・ブース(ジョエル・シューマーカー監督,2003,米)

フォーン・ブース フォーン・ブース
コリン・ファレル、キーファー・サザーランド 他 (2004/04/02)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


前から見たかったんだけど、ようやく見れた。
秋葉原でVHSが98円で売ってたの。

面白いよ。結構。
元来、映画はあまり好きでない私ですが、(←急にぶっちゃける)
もやもやした時に、ささっと気分転換するには良い。

ワグ・ザ・ドッグ(Wag the Dog 、1997米)

ワグ・ザ・ドッグ~ウワサの真相~ ワグ・ザ・ドッグ~ウワサの真相~
ダスティン・ホフマン、ロバート・デ・ニーロ 他 (1999/06/17)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


この最強のキャストを前に、(っつっても良く知らんのだよ、映画界は)
ファンには非常に申し訳ないが、
今更見ても、とても面白くなかったです。。。。

ひとつは時期的なもの。1997年頃に見てれば面白かったのは間違いない!

でもね、でもね。
サントラ担当が、生けるギターの神々のひとり、マーク・ノップラーなのだっ!
これはすごい。
あのマーク・ノップラーだぜ?
ジョジョの奇妙な冒険』好きには、こう言おう、ダイアー・ストレイツだ!!!!
あのダイアー・ストレイツのギタリストだ!!!
ジョジョ芸人なら見るべし!!

マーク・ノップラーについては、

http://ja.wikipedia.org/wiki/マーク・ノップラー

ロニー映画パンフ

20070522200201
A5サイズで18ページ(多分)で500円。記念に買いました。

大鷹俊一さんのreviewやdiscography。近年コンピレーション系がどっと出てたようで、正直わけわからん状態だった頭が多少整理できましたよ。

最後の奥さんのコメントで、ロニーをひとことで表すと何か?の問いに「勇敢」と答えてる

人生、病気、そして何よりも音楽に対して。

音楽に対して勇敢!そうか。これか。

これだー!

カリフォルニア(KALIFORNIA、ドミニク・セナ監督、1993米)

秋葉原で66円!で売ってました。VHSですが。テープのへたれのせいか、
ちょっとノイズが乗ってましたが問題なくって良かった。

この映画の原題は「Kalifornia」。頭が「C」ではく「K」ですね。
ハンガリー語をかじってたことがあるのですが、
ハンガリー語やポーランド語表記では迷わず「K」です。
ハンガリー語だと母音が整然と並ぶみたいなんだ。

イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』は、California
FATBOY SLIMの『カリフォルニア 』は、Kalifornia
レッチリの『ダニー・カリフォルニア』は、Dani California

まあ、いいか(笑)

あのハリウッドがあってシュワちゃんが知事のアメリカ/カリフォルニア州は、
wikiによると、
> カリフォルニア州(California、略号:CA)はアメリカ合衆国西部、
>太平洋岸の州。西海岸の大部分を占める。州都は、サクラメント。

州都、サクラメント!かっこいい!いい響きだ!おれたち、桜メント!すてき!

カリフォルニア カリフォルニア
スティーヴ・ゴーリン、ジュリエット・ルイス 他 (1999/08/25)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る


ブラピかっちょえ~。ジュリエットかわゆす。

マッチポイント(Match Point、ウディ・アレン監督、2005英)

ちょっと前のことだけど。飯田橋(神楽坂)のギンレイホールで見る。前に『アイランド(The Island、マイケル・ベイ監督、2005米)』を劇場で見たときに、女優のスカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)しゃんに恋をしてしまったのかしら・・・。彼女の出てる映画が近くで上映されてると知ったとき、いてもたってもいられなくなってしまったのさ。

舞台はイギリス上流社会ってやつかな。あらすじは例によって書きませんよん。

あなたの人生のマッチポイントは?
なんちゃって
オラは
いったい、いくつのマッチポイントを逃してきたのか・・・(- -)

まあ、がんばっていきましょー!

マッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付) マッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付)
ジョナサン・リース・マイヤーズ (2007/02/02)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る

『ドリームガールズ』

元ミュージカルの映画。ビヨンセたん、かわゆす。なんて涙腺弛いんだろうと再確認。歌パワーにやられまつ。

音楽やってる人には特にいいかもよ。今やってなくても一度は歌手を夢見たことがあるって人にも。

なんて自分は姑息で小さい奴何だろうと思ってしまいつつ、夢のある現実主義者って奴ならもう少し頑張れる気になったのよさ。

レイトショーは安くて助かる。今帰り道。今までのパターンだと、メシも食わずに映画見てる時って余裕がないんだよな。まあいいさ、曲が出来そうた。やるしかねぇ…!